なる前もなってからも勉強が大切

女の子なら誰もが一度はあこがれたことがあるであろう看護師の仕事。
しかし、看護師は他の職業のようにあこがれたからなれるという簡単な仕事ではありません。
国家試験を受けて合格し、看護師の資格を取得しなければ看護の仕事につくことは出来ないのです。

そのためには看護に必要な勉強をしっかりと学ぶ必要があります。
看護師の国家試験の受験資格は、高校や大学を卒業した後、看護学校などの看護師養成施設か看護大学など看護に特化した大学を卒業しなくてはなりません。
そういった学校で看護についての知識や技術を学び、実習で実際の看護の現場を体験し、国家試験を受けて合格した人だけが看護師となることが出来るのです。
そして、看護師の勉強は、看護師になったから終わるというわけではありません。
看護師になったあとは、患者さんにより良い看護が提供できるように勉強を重ねる必要があります。
新人のうちはなおさらです。
患者さんから信頼される看護師になれるように努力していかなくてはならないのです。
そのために、勤務時間後に看護技術の練習を積んだり、休みの日に最新の看護の情報誌を読んだり、看護師の研修会などに参加したりして勉強をつんでいきます。

仕事をしながら勉強を行うのは楽ではありませんが、勉強を続けていくことで患者さんによりよい看護を提供していくことが出来るのです。
また、看護師もベテランの域になってくると実習生や新人看護師の指導を任されることがあります。
自分が不勉強では教えることはできません。
そういった意味でも看護師はなる前もなった後も勉強なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です