クリニックで働く選択

看護師の資格を取得して、まず始めにみんなが勤務したがるのは大きな病院でしょう。
複雑なシフトや夜勤など大変な業務はありますが、その分手当てや収入も多く、仕事も休む暇もないくらい忙しいのでやりがいも感じやすいです。
若いうちは体も動くし、収入が多いほうがいいので大きな病院で経験をたくさん積んだほうがいいでしょう。
大きな病院であれば時期によって診療科の移動などがあるため、自分がどの診療科の看護に向いているかなども自分で感じ取ることが出来ます。
看護師で転職する人は多いですが、こういった大きな病院での日勤や夜勤、いろんな診療科での看護体験を通して、自分がその後も大きな病院で勤務するか、クリニックなどの小規模な病院で勤務するか決めても遅くはないでしょう。

クリニックの看護師としてのメリットは、勤務時間は病院の診療時間と明日の準備などにかかる時間のみのため、夜勤など複雑な勤務シフトがありません。
ただし、休みが病院の休みのときだけと決まっているために、大きな病院で働いているときのようにまとめて休みを取ったり、勤務を交換してもらうなどといったことが出来ないのが難点です。
また、アットホーム的な雰囲気なのは非常にいいのですが、受付や病室内の混雑加減によっては、看護師が受付を手伝ったりしなければならないときもあります。
また、数少ない看護師が常時勤務しているため、人間関係をうまく築けなければ働くことがつらくなってしまうこともあるので注意が必要です。
また、クリニックでは即戦力が求められる場合が多いため、注射や点滴などの看護の基本的なスキルが上手な人は重宝されやすい傾向があります。
クリニック勤務を目指すならそういったスキルはしっかりと身につけておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です