看護師のやりがい

看護師がやりがいを感じるタイミングは個人差のあることだと思いますが、やはりそれの代表と言えば、患者さんが笑顔になった瞬間ではないでしょうか。
患者さんは当然のように不安を抱えて病院へやって来ます。明るい笑顔で病院に来るひとは少ないですよね。体調不良から来る不安から、表情が曇ってしまっている患者さんが応対した看護師の顔を見てほっとした表情を見せた時、看護師として患者に信頼されていると感じられる瞬間です。その時に、はっきりとしたやりがいを感じられるのではありませんか。
その時、頑張って続けていてよかったと思うのではないでしょうか。自身が看護師と言う仕事を選んでよかったと実感出来るはずです。
もちろん、患者だけではなく、医師や上司から信頼されていると感じる瞬間も、もっと看護師として学ぼうと考えるきっかけになるはずです。病院はある意味ひとつのチームですので、チームワークが何より大事になります。医師や上司とコミュニケーションが巧く取れていると、仕事もスムーズに進みます。

仕事が立て込んでいる時、「あなたがいるなら任せても大丈夫」そんなひと言があれば、やりがいを感じないわけがありませんし、しっかりとした処置をしようと自分を律することも出来ます。
医師や上司によって、言葉かけよりも態度で示す方もいます。それを理解出来るか出来ないかは、普段からのコミュニケーションです。どうやりがいを感じられるかは、看護師本人次第ということになりますね。率先して、医師や上司、患者とコミュニケーションを取りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です